【クリーニング珍事件】プレス失敗でセーターの形が変わっちゃった!

クリーニングに出したものは、ドライクリーニング仕様の白いセーターでした。お店は近所にある小さな個人店です。ずっと利用していたクリーニング店です。

プレスのしすぎでセーターが変形!?

この白いセーターは細かくたっぷりと編まれた生地に模造パールの飾りが12個付いているおしゃれな服でした。セーターの編み目は真っ平ではなく、デザイン的に凝った飾り編みになっていました。

クリーニングが仕上がって取りに行ったところ、この飾り編みの部分にもしっかりとプレスがかけられており、全て横に広げられた感じで妙に間延びしていました。模造パールの飾りはちゃんと付いていましたが、元の形とは程遠い奇妙な形のセーターになっていました。

畳んだ状態で袋に入っていたものを見た時点で「何かおかしい」と思いつつも、その時は他にも数点クリーニングに出していたものがあったので、ちらっと見た程度でした。それほど気に留めずにいったん持ち帰ったのですが、その後袋から取り出してみて上記のように全く違ったデザインに仕上げられていた事に気付きました。

クリーニング店で元の形を説明。すぐにセーターは元通りに

クリーニング店は直ぐ近くですので、早速直接私がセーターを持参し、「こういった形では無かった、飾り編みの部分はプレスを軽くあてる程度で良かった、たるみができるのが本来のデザインであって、こういう風に全てが横に広げられているのは非常に困る」と説明しました。

その際、対応してくれた人は、クリーニングを出した時の人ではなかったので、すぐに別の人を呼んでもらい、再度私も交えて説明をしました。店舗側もデザインを覚えていてくれた事から、丁寧にお詫びをされました。

その後、世間話をしながら待っている間に元通りにプレスをかけてくれたので、セーターは無事元通りの形に戻りました。

馴染みのクリーニング店だから、その後は笑い話に

直ぐに対応をしてくれたことと、そもそも長年家族で利用してきたクリーニング店です。こちらのリクエスト「いついつに取りに来て欲しい」「届けてほしい」等に常に対応してくれていた事から、今回のセーター事件はある種、笑い話のようになり、その後も相変わらず同じお店にクリーニングを依頼しています。

こんなクリーニング事件は初めてだったので(そしてその後は何の問題もありません)セーターを見た時はかなりの衝撃でしたが、今となっては「面白かった出来事」というのが我が家の共通した認識です。