スキーウェアってクリーニングしなくていいの?石油臭が取れません

滅多に行かないスキーに行くことになったある日、スキーウェアを買ったり、レンタルしたりするお金をケチったがために起こったクリーニングトラブルです。

スキーウェアをクリーニングしたら石油の臭いがひどい!

ウェアをある人に借りてスキーに行きました。一回の使用とはいえ、借り物なのでスキーウェアをクリーニングに出しました。それも自分で行かずに父にクリーニングに出しに行くのを頼みました。

そこからしてわたしがバカだったのですが、どうもクリーニング屋さんでは一度着たくらいではクリーニングする必要がないと言われたそうなのです。それなのに、私が出してきてと言うものだから父は出して帰ってきました。

クリーニングが終わり、また父に引き取りに行ってもらいました。そうしたらなんと、スキーウェアーが石油臭くなって返ってきたのです。しばらく乾いた場所で乾かしておいたほうがいいとお店の人が言うのですが、あまりに石油くさくて大変なことになっていました。

ファブリーズもない時代、とりあえず日陰干しで様子を見るも…

今みたいにファブリーズなるものもなく、どうしよう、とりあえず日陰で干していましたが、部屋中になんともいえない石油臭があふれだし、どうしようもない状態になりました。

クリーニング屋さんにはクリーニングしなくていいと忠告されたことだったので、クリーニング屋さんにクレームをすることもできず、また父にも頼んで行って貰ったため、父に文句を言うこともできず…妙案も思いつかず、いつまでもスキーウェアを返さないでいるわけにもいかず、私は仕方なく知人にそのまま事情を話しました。

ところが、「1回着ただけならクリーニングなんか出さなくて良いのに!なんでー」と言われてしまいました。そうは言っても私も石油臭を消すおまじないもなければ、ハンドパワーもないので「申し訳ない」と詫びることしかできませんでした。

そもそも、スキーに行ったことがほとんどないので、ウェアをそんなに洗わなくていいということさえ知らず、気軽に知人から借りてしまったのがいけなかったのです。

クリーニングしなきゃよかった。今後は手洗いしよう

結局、クリーニングに出さなければよかった、そもそも借りなければよかった、お金を払って現地でレンタルすればよかった、と堂々巡りになりました。

でもその一方で、クリーニング屋さんも石油くさくなる可能性があると警告してくれてもいいんじゃないかと思ったりもしました。もしかしたら、父が話をよく聞いていなかっただけで説明はあったのかもしれません。

とにかく人に全部ゆだねてしまった私が悪いのです。これは過去の失敗談ですが、だいたいのものは家で洗える時代になりました。自分で手洗いすればよいのです。手洗い用の良い洗剤が今はいろいろあります。今後はできるだけ自分の手で洗おうと思います。