学生服をクリーニングしてみて!新学期、心まで引き締まります

新学期に入る前、2週間の春休みの間に娘の学生服をクリーニングに出したかったのですが、吹奏楽の演奏会などがあり学生服を着用するので、なかなかタイミングが合わず始業式2日前になってしまいました。慌ててクリーニング店を探しました。

2日で間に合う?学生服をクリーニングしたい

1軒目は家から近くて受け取りやすく便利なのでできれば出したかったのですが、翌日が休みで受け取り不可。2軒目は翌日営業はしてますがクリーニング工場が休みで早くても翌々日の受け取りとのことで学校が始まってしまうので不可。

やっと探した3軒目は少し遠いところにある個人で営業しているクリーニング屋さん。とても親切な女性の方は翌日の夕方になりますがと引き受けてくれるとのことでした。

春休みまで何ヶ月も使用した制服はヨレヨレしてしまいスカートのヒダも広がっていました。きれいに清潔にしたいのはもちろんですが、4月のスタートを気持ちよく迎えてほしいと思いました。

クリーニングした制服としてない制服、並ぶと違いが分かる!

出来上がりは急ぎでのお願いにもかかわらず学生服のカタチが整えられ、ブレザーもスカートも裾までピシッとシワが伸びていました。クリーニングに出した後のなんとも言えない良い香りが、新学期が始まるスタートを感じさせてくれました。娘は始業式の朝を気持ちよく背筋を伸ばして登校することができたと思います。

それから2日後、息子の入学式で中学校を訪れた私は、たくさんの在校生の方を見て驚きました。後ろ姿しか見えませんでしたが、一同で起立をした時の制服が、クリーニングをしたかしないか一目瞭然。こんなにも違いがあるのかと実感しました。

クリーニングに出してピシッとした制服よりも、よれっとしたほうが目立ちました。式にはふさわしくないように見えたからです。ブレザーの肩のラインも下がっていたりズボンの折り目がない、スカートのヒダが伸びスカートがだらしなく広がって見えました。

一方でクリーニングに出された学生服はカタチが整えられているので、清潔と礼儀、クリーニングに出してくれた親御さんの思いや丁寧に仕上げてくれた職人さんの気持ちまで感じることができました。新入生を迎えてくれる在校生の優しさを背中に感じて嬉しく思いました。

クリーニングすると、制服だけでなく心まで綺麗に

もし私が2日しかないからとクリーニングに出さなかったら、お店に快く引き受けてもらえなかったら、学生服は夏休みまでクリーニングすることはなかったと思います。

娘にどんな思いをさせたか、仲良しの友達の中で1人だけよれっとした学生服だったらと思うと、お店の場所は遠いけど始業式に間に合うならとクリーニングに出して本当に良かったと思いました。

そして、クリーニングは制服をきれいに洗濯してもらうだけではなくて、背筋も心もピシッと引き締めてくれました。